ウェルスナビ

ウェルスナビとは?ロボアドバイザー利用者数No.1で安心

投稿日:2018年3月15日 更新日:

「ウェルスナビとはいったいなに?」

「ウェルスナビってどんな投資なの?」

最近は資産運用が注目視されており、様々な方法で資産運用することが可能です。

ただこれから初めて資産運用する人からすると、どのように資産運用すればよいか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで最近注目されているのがウェルスナビです。

今回はウェルスナビとはどんな資産運用方法なのか分かりやすくまとめてみました

 

ウェルスナビとは?

ウェルスナビとはロボアドバイザーを利用した資産運用ができるサービスのことです。

これまで投資は、人がチャートに張り付いて売り買いすることで資産運用するのが一般的でしたが、現在はAI技術が発達したおかげで、ロボットに資産運用を任せることができるようになりました。

ロボアドバイザーには2種類おり、投資のすべてをAIに任せる投資一任運用型と助言をくれるアドバイス型です。

ちなみにウェルスナビは投資一任運用型のほうのロボアドバイザー投資となります。

ウェルスナビは投資一任運用型ですので、お金を入金してしまえば、あとは放置しているだけでAIが勝手に資産運用してくれるのです。そのため投資初心者でも始めやすい資産運用として人気があります。

また株式やFXなど他の資産運用をしながらリスクヘッジとして、ロボアドバイザーに分散投資するのも良いでしょう。比較的、安定した利回りを得やすい投資ですのでおすすめです。

 

ロボアドバイザー預かり資産運用者数No.1のウェルスナビ

ウェルスナビの他にもロボアドバイザーはいくつかありますが、ウェルスナビは「ロボアドバイザー預かり資産運用者数No.1」の実績があります。

つまり、数あるロボアドバイザーの中で最も利用されているのがウェルスナビだということです。

THEOはSMBCやみずほ、三菱UFJなどの大手金融機関やベンチャーキャピタルから出資を受けており、ロボアドバイザーの中では最も信頼度が高いと言っても過言ではありません。

信頼度が高いからこそ、利用者数No.1の実績をウェルスナビは持っているのでしょう。

 

ウェルスナビで資産運用される流れとは?

ロボアドバイザー投資として人気のあるウェルスナビですが、いったいどのような流れで資産運用されるのかいまいち想像がつかないものです。

ただ投資一任型であるウェルスナビでは、投資家がすることはほとんど何もありません

投資に関する知識がなくても、ウェルスナビに任せてしまえば勝手に資産運用してくれます。

ここではウェルスナビで行われる資産運用の流れについてまとめてみました。

 

まずは運用プラン診断から

まずは運用プラン診断を行います。

人の性格や資産によって運用プランが変わるようになっており、あなたに合ったプランで資産運用が可能です。

6つの質問に答えるだけで、あなたにあった運用プランを紹介してくれます。診断結果に不満があれば、あとで自由に運用プランを変更することもできますので、試しに受けてみると良いでしょう。

 

口座開設

運用プランの診断が終わったら、いよいよ口座開設です。ウェルスナビへの登録は3分で終わりますし、全てネット上で手続きができます。

マイナンバーカードなどを本人確認証として利用しますので、準備しておきましょう。あとは家まで簡易書留のはがきが届いたら、口座開設が完了となります。

 

 

「目標金額」と「リスク許容度」の設定

口座開設が完了すれば、いよいよ資産運用に入っていくのですが、その前に運用プランを練り上げるために「目標金額」と「リスク許容度」の設定を行います。

あなたのライフプランに合わせて設定すると良いでしょう。

ちなみに「目標金額」と「リスク許容度」は途中で変更することもできますので、とりあえず現状で思う理想の形に設定しておくと良いです。

 

口座に入金したら自動運用開始

あとはウェルスナビで開設した口座に入金します。

入金したら、これまでに設定した項目を元に、ウェルスナビのロボアドバイザーが資産運用を始めてくれますので、投資家であるあなたは何もする必要がありません。

売買だけではなく、細かい調整などもウェルスナビのロボアドバイザーが行ってくれますので、あとは運用の経過を見守るだけです。

この流れを見ていただけると分かるようにウェルスナビは投資の知識がなくても、資産運用ができる1つの方法となっています。

 

ウェルスナビは何を自動で運用してくれるの?

ウェルスナビが勝手に資産運用してくれるのですが、ウェルスナビが購入する資産対象はいくつかの項目に決まっています。

大きく3つに分けると「株式」「債券」「オルタナティブ」の3つです。それぞれ資産の変動幅などに違いがあるのですが、ウェルスナビはあなたの運用プランに沿って、その時に最適なバランスで勝手に分散投資してくれます

例えばリスク許容度の高い方であれば、債券よりも株式の割合を増やすなどして対応してくれますので、簡単です。

投資家が一人で分散投資しようとすると、考えなければいけないこともたくさんあり、時間と労力がかかります。

しかしウェルスナビは7つの種類の投資対象へバランスよく分散投資してくれますので、簡単かつ効果の見込めやすい資産運用を可能としていると言っても過言ではありません

 

放っておくだけで得られるウェルスナビの利回りは?

ウェルスナビなら簡単に資産運用できるのは分かっても、気になるのは利回りではないでしょうか?

いくら簡単に資産運用できると言っても、銀行の定期預金と同じぐらいの利回りじゃわざわざウェルスナビを使う必要はないと感じてしまうでしょう。

ただウェルスナビの利回りはそれなりに高い利回りが見込めるため、そのような心配はいりません。

運用プランによって予定の利回りは変わるのですが、一例だと10年間で積立しながら695万円分投資した方は10年で1223.3万になる見込みであり、投資したぶんのお金が10年後には約1.76倍で返ってくる計算です。

銀行の定期預金が年利で0.01%であることを考えると、かなり高い利回りであることは間違いありません。

 

ウェルスナビのリスクとは?

高めの利回りで投資家に負担のない資産運用として人気のあるウェルスナビですが、ウェルスナビにもリスクはあります。

まったくリスクのない投資というのは存在しません。

ウェルスナビは非常に魅力的な投資方法ですが、しっかりデメリットの1つであるリスクを把握しておくのは大切です。

ウェルスナビのリスクとして大きく2つが挙げられるでしょう。

【ウェルスナビのリスク】

  • すぐに高い利回りは見込めない
  • 元本割れの可能性がある

ウェルスナビは分散投資が基本であり、積立していくことで成果を発揮していくため、すぐに高い利回りが見込めないのは1つのリスクと言えるでしょう。

また利回りを得られるウェルスナビですが、状況によっては元本割れされてしまうこともあります。特に投資したての頃は一時的に元本割れしてしまうこともあるのです。

ウェルスナビは長期投資していくほど効果の出やすくなっていますので、投資する際は5年10年を目処に投資していくことを事前に抑えておきましょう。

次第に元本割れすることがなくなり、低いリスクで安定した利回りを実現できるようになります。

 

手数料がお得なウェルスナビ

ウェルスナビは非常人気のある資産運用の方法ですが、人気の理由の1つに手数料の安さが挙げられます。

ウェルスナビで必要な手数料は運用手数料の年利1%のみです。ちなみに資産運用額が3,000万円を超える部分は0.5%の手数料となっています。

入会手数料や為替手数料など、他の手数料は一切かかりません。ウェルスナビなら非常に単純な手数料だけで資産運用ができます。

大体の方が年利1%の運用手数料を支払いますので、ウェルスナビの自動運用で利回りが2%以上であれば、だいたいプラスの収益が見込めると考えられるでしょう。

このようにプラスがいくつあるのかの計算をしやすい、単純な手数料設定はウェルスナビならではです。

 

ウェルスナビで得た利益は確定申告が必要なの?

ウェルスナビで利益を得ることができたということは、何をせずとも利益が出た、ということでしょう。

株やFXなどの他の投資でも、利益が出たら確定申告しなければいけませんが、ウェルスナビも1種の投資なので確定申告が必要なのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

ただウェルスナビにおいては確定申告が必要なタイプとそうでないタイプがありますので、人それぞれと言えます

またウェルスナビでの確定申告については別の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

確定申告をし忘れても、誰も何も言ってくれません。しかし時間がたったある日、いきなり税務調査されても文句は言えないです。

税金をしっかり払うためにも確定申告は抜かりなく行っておきましょう。

 

まずは10万円でウェルスナビを始めてみる

今回はウェルスナビとはいったいどういう投資なのかまとめてみました。

ウェルスナビは多くの投資家から選ばれているロボアドバイザー投資であり、ロボアドバイザー投資を始めてみたい方にはおすすめです。

登録などの手続きはそれほど苦労することがありませんし、10万円から投資することができます。

ウェルスナビは海外の銘柄をAIが自動で運用してくれますので、投資っ初心者が自力でいきなり運用するよりはよっぽど信頼できる投資と言えるでしょう。

10万円入金したら、あとは数年放っておくだけで、かなり高い利回りが見込めるかもしれません。

もちろん途中で辞めることもできますので、まずは10万円でウェルスナビを始めてみるのをおすすめします。

-ウェルスナビ

Copyright© クラウドポートフォリオ , 2018 AllRights Reserved.