ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとFXならどっちで投資したほうが良い?

更新日:

「ソーシャルレンディングとFXはどう違うの?」

「ソーシャルレンディングとFXならどちらがいいの?」

資産運用をしたいと思っても、どの方法で資産運用すれば良いのか迷ってしまいます。

そこで今回はソーシャルレンディングとFXの違い投資対象としてどちらが良いのかまとめてみました。

 

ソーシャルレンディングとFXならどちらを選ぶ?

ソーシャルレンディングとFXのどちらを選んで投資すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

ただ投資の仕方は人それぞれですので、ソーシャルレンディングとFXのどちらを選ぶかは人それぞれです。

ただソーシャルレンディングとFXを比較して、リスクやリターンで考えると、
ミドルリスク・ミドルリターンで選ぶならソーシャルレンディング、
ハイリスク・ハイリターンで選ぶならFXと言えるでしょう。

投資はどんな方法でもある程度のリスクはありますし、リスク無しでお金が増えるほど嬉しい資産運用はありません。

ただどちらに投資するにしても、投資対象についてよく知らないまま資金を入れるのは危険です。

まずはソーシャルレンディングとFXについて簡単に説明していきましょう。

 

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは「インターネット上でお金を借りたい人や企業」と「インターネット上でお金を貸したい人や企業」をマッチングさせるサービスです。

ソーシャルレンディングの運営会社が仲介業者となることで、誰でも人や企業への融資を行うことができます。

ソーシャルレンディングの運営会社が投資家から資金を集めて、お金を借りたい人や企業に貸し出し、返済してもらうときにいくらか利息をもらう仕組みです。その利息を仲介業者自身と投資家に分配することで投資家は利益を受けることができます。

 

 

投資と言ってもソーシャルレンディングは仲介業者であるソーシャルレンディング運営会社に資金を入れて、あとは返済を待つだけですので、やることと言えば銀行の定期預金と同じです。

貸付先の企業の選定はソーシャルレンディング運営会社が独自で審査をして、しっかり返済することができるのかチェックしてくれますので、投資家自身に専門的な知識は必要ありません。

ここまでの説明をまとめると、ソーシャルレンディングは余っているお金を人や企業に貸し付けて、貸した分の利子で資金が増えていく資産運用だと言えます。

 

FXとは?

FXとはドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差益で利益を得る資産運用です。

ドルやユーロの他にも世界には様々な通貨がありますので、その通貨を日本円で売買しながら利益を出していきます。

例えば1ドル100円の時に買っておいて、1ドル110円の時に売れば、1ドルあたり10円分儲けることが可能です。為替相場は日々動いていますので、安い時に買い、高い時に売るを繰り返すなどして利益を得ることができます。

原理としてはとても簡単ですので、誰でも簡単に始めることが可能です。

 

投資対象として見たソーシャルレンディングとFXの違い

ソーシャルレンディングとFXについてそれぞれ説明しましたが、投資対象としてみると大きい違いのある資産運用方法であることがわかります。

投資対象としてみるとどういう違いがあるのかまとめてみました。

 

安定した利回りならソーシャルレンディング

もしあなたが安定した利回りで資産運用したいならソーシャルレンディングがおすすめです。

前述したようにソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターンの投資ですので、FXに比べるとリスクは低いと言えます。

そもそもFXはゼロサムゲームですので、損をする人がいるからこそ儲かる人が出てくる投資です。誰かが安くで売ってくれるからこそ他の投資家が買えるのであって、安く買って高く売れる人がいるということは、同じ数だけ高く買って安く売っている人がいます

FXは誰かが損する側に回らなければ、儲かる人もいませんので、投資初心者はプロの投資家に価格を操作されて最初のうちはお金を吸われていくと考えたほうが良いかもしれません。

それに比べてソーシャルレンディングは運営会社が融資先の企業を見極める目があれば、利息はしっかり返ってきますので、投資したすべての人がお金をもらえます。

実際にこれまでのソーシャルレンディングで一度も投資した分が返済されなかったことのない運営会社はたくさんありますので、FXに比べると安心かつ確実に資産が増えていくといえるでしょう。

 

もう少し高い利益がほしいならFx

ただソーシャルレンディングは年利が4%~12%程度ですので、一攫千金できるほど儲かるわけではありません。

しかしFXはレバレッジと言って、自分が持っている資産の数倍以上の資金で取引できる制度もありますので、大きく稼ぐことが可能です。

ただ所持している資産以上のお金を使って投資しているということは損失が出れば、自分が持っている資産以上に損失を抱えることもあります。

ハイリターンが望めるものの、同じくらいハイリスクも抱えますので、資産が増える日もあれば資産が減る日もあると考えたほうが良いです。

ソーシャルレンディングの年利4%~12%じゃ満足できないという方はリスクを抱えてFXで資産運用したほうが良いかもしれません。

 

一番おすすめなのはソーシャルレンディングとFXの両方へ投資


photo credit: torisan3500 weighing machine via photopin (license)

ソーシャルレンディングとFXの違いについて説明しましたが、一番おすすめなのはソーシャルレンディングとFXの両方で投資することです。

別にどちらかの方法に絞って資産運用する必要はありません。

「安定した資産運用をしながら少しの金額はFXで大きく稼いでみたい」

「FXに全部突っ込みたいけど、保険で最低限の金額はソーシャルレンディングで着実に資産運用しときたい」

という風に資産を上手く分配して資産運用することも可能です。

全額をソーシャルレンディングにしてしまうと利益に物足りなさを感じてしまうかもしれませんし、全額をFXにしてしまうとリスクが高すぎます。

あなたがどちらにどれだけ資金を傾けて投資したいのかをよく考えて併用投資し、上手く資産運用していきましょう。

 

おすすめなソーシャルレンディングはどれ?

もしソーシャルレンディングでの資産運用を考えているのであれば、クラウドバンクで運用をおすすめします。

クラウドバンクは証券会社が取り扱うソーシャルレンディングのシェアNo.1を誇っており、ソーシャルレンディングの中でも大手です。

大手ゆえの信頼感もあるのですが、何より取り扱っている投資先のファンドのほとんどが全額担保をつけているため、もし投資先の企業が潰れてしまっても、あなたが投資した金額はほぼ必ず戻ってきます

ソーシャルレンディング業界には担保をつけている所も多いですが、クラウドバンクの全額担保率はトップクラスです。安全性を重視してソーシャルレンディングで資産運用するならクラウドバンクは外せないと言っても過言ではありません。

クラウドバンクの口座開設はこちら

 

おすすめなFXの口座は?

FXで投資をするのであれば、まずはDMMFXで口座開設することをおすすめします。

日本で口座数が一番多いFX取引所であり、日本で最もメジャーです。

取引手数料はほとんどかかりませんし、スマホアプリでも簡単に取引できますので、出先でもチャンスを見つければすぐにトレードすることができます。

初めての方でも利用しやすい取引所となっていますので、FXを始めるのであれば、まずはDMMFXがおすすめです。

 

ソーシャルレンディングとFXにバランスよく分散投資するべき

ソーシャルレンディングとFXは投資対象という意味では同じですが、リスクやリターンでみるとまったくの別物です。

あまりリスクを取りたくない人はソーシャルレンディングでの資産運用だけを選んでもいいですし、利益を重視したい場合はFXだけを選ぶのもよいのでしょう。

ただ投資は1つに絞らず、複数の方法で運用する方法もあります。投入する資金のバランスを変えることで、実現する利益はもちろん、リスクまでコントロールできますので、できればあなた自身に合った方法でバランスを保ちながら複数の方法で投資するのがおすすめです。

ただいきなりソーシャルレンディングとFXに同時進行で投資するのも大変ですので、まずはどちらか1つを選んで運用しながら、余裕が出てきたらもう片方の方法での資産運用を試みてみましょう。

この記事が気に入ったらフォローしよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やまもん

やまもん

20代後半/会社員年収600万
運用資産:500万
現在の利益:+272,060円
投資でドカッと稼ぐより堅実に資産を増やしたい、やまもんです。
年金だけじゃ生活できない将来が待っていると周りに脅され、できることをやろうと思い、資産運用に手を出しました。
投資におけるノウハウや運用実績を公開していきます。
Twitterのフォローよろしくお願いします!

-ソーシャルレンディング

Copyright© 投資のクラリオ , 2018 All Rights Reserved.