maneo

maneoの口コミと評判からメリットとデメリットをまとめてみました

投稿日:2017年7月11日 更新日:

maneoの口コミや評判は良い?

maneoは2008年に設立された日本初のソーシャルレンディングであり、業界内で最も認知度の高いソーシャルレンディングです。

maneoは認知度が高いため、多くの口コミや評判があります。maneoがどんなソーシャルレンディングなのかが分かるように、悪い評判と良い評判に分けてまとめましたので、maneoで投資する前に参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

口コミから分かるmaneoの悪い評判

同じ会社の案件が多い?

maneoは常時募集しているファンドが10個程度もあります。他のソーシャルレンディングでは募集が0件ともありますが、maneoが募集しているファンドを切らすことはほぼありません。

しかし募集しているファンドをよく見ると10件のファンドを募集していても、選べる投資先の企業は限られていることが多いです。

このように全く同じ条件のファンドを2つ以上出している時もあります。これは利回りや運用期間なども全く一緒のケースですので、どちらを選んでも全く同じ投資先です。

さらにはこのようなケースもあります。

この4つのファンドは利回りや運用期間は違いますが、どちらのファンドもC社とAN社が投資先になっていることは変わりません。

この場合は、投資金を使う用途が違うだけで、投資先の企業は同じです。投資金を使う用途は違いますので利回りが変わりますが、C社もしくはAN社に万が一の事故が起こって倒産するとなった場合、どのファンドを選んでいても貸し倒れが起こる可能性があります。

そういう意味では、maneoが少しリスク分散に欠けると危惧されてもおかしくありません。

しかしmaneoがこれまで起こした遅延率は約0.06%です。約1700回投資して1回遅延が起きてしまう確率になりますので、リスクは小さいと考えても良いでしょう。

この低い遅延率は、maneoの厳しい審査が通った企業にしか融資をしていない証拠です。確かにこの例の場合ですと、C社とAN社に偏ったファンドに投資してしまうとある程度のリスクはありますが、maneoには他にもDB社やBL社など様々な投資先企業はあります。

maneoで投資をする際は投資先企業が重複しないように投資することで、高いリスク回避効果を得ることは可能です。

 

646 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/01/13(金) 10:52:24.93 ID:1AaHzH/A0
C社、AN社の案件どんだけ出すんだよ…
maneoクソいなぁ
引用元

 

早期返還が結構ある

maneoはよく早期返還があると口コミでも言われています。募集時は13ヶ月の運用期間として投資していても、実際は8ヶ月で返済されてしまうなど予定より早い期間で返済が終わってしまうのです。

投資した金額がすぐ手元に返ってくる安心感はあるものの、実際に資産運用されている期間が予定より短くなってしまいますので、予定通りの利子をもらえなくなってしまいます。

しかしmaneoは常に募集しているファンドは多いため、すぐに次の投資先は見つかるので、あまり資産を遊ばせておくことはありません。これが募集の少ない他のソーシャルレンディングであった場合は、投資先が見つからずに困ってしまいますが、maneoではその心配はありませんので、あまりデメリットと捉えなくても良いでしょう。

ただ「次の投資先を決めるのが面倒」という方にはデメリットに見えるかもしれません。

 

959 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/02/27(月) 20:19:06.90 ID:breXiAme0
maneoで早期返還4件も喰らいました(-.-)y-~~

962 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/02/27(月) 20:43:22.63 ID:5PBImUZG0
分配日には大量に案件が出てくるだろうし、maneoの場合は早期償還でも気にならないよね

965 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/02/27(月) 21:17:57.77 ID:O/I5Hs1j0
maneoは募集多いもんな
結構良さげな案件もあるけどね
引用元

 

maneoの担当者氏名は匿名

maneoに関わらず、各ファンドには運営会社のスタッフが担当者として就き、投資家であるあなたに募集しているファンドの説明をしてくれます。

クラウドクレジットなどは会社の人間が実名を出して、紹介しており「運営会社の透明度が高い」と感じますが、maneoの担当者は匿名です。担当者が実名を出していないことで、不信感を持っている投資家も少なからずいます。

しかし担当者の氏名が出ているからと言って安全なわけではありません。さらには匿名だからと言って手を抜いた説明をすることもありませんし、前述しましたが、実際にこれまでしっかり返済されているファンドが多いことを考慮すると、担当者が匿名だからと言って危険ということではないです。

maneoは投資先の企業に400文字以内であれば、自由に質問することもできます。投資先の企業の信頼性を自分で確かめられるメリットがあるのはmaneoならではです。仮にも投資ですので、気になることがあればどんどん聞いてみましょう。

 

782 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/02/23(木) 18:27:39.25 ID:0nQbiHCR0
maneoの担当者って何で本名じゃないの
テントさんとか名前だけで金預ける気無くすんだけど
引用元

 

maneo口座を開設したほうが良い

maneoはGMOクリック証券と業務提携をしており、maneoで口座開設をせずとも、GMOクリック証券のアカウントから口座開設することができます。

GMOクリック証券から口座開設すると手続きが簡単になりますので、GMOクリック証券のアカウントを持っている人は手間が省けるのはメリットです。

しかしGMOクリック証券からの投資になりますので、確定申告の際に必要になるmaneoの年間取引報告書は発行できません。年間取引報告書の代わりにGMOの取引残高報告書で代用するしかありませんので、注意が必要です。

 

230 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/02/13(月) 16:31:42.38 ID:i9/Y4z0Y0
>>229
たぶん、GMOのmaneoは年間損益報告書ないでしょ
取引残高報告書で代わりにするしかねーだろな
引用元

 

口コミから分かるmaneoの良い評判

銀行や株に比べるとメリットが大きいのは事実

maneoの口コミを見ると、多くのデメリットがあるように感じますが、デメリットを上回るほどの大きなメリットがあります。

その1つは高い利回りの資産運用です。

平均利回りが5~8%ですので銀行と比べてもかなり高い金利であることは間違いありません。早期返還が多かろうが、資産を預けている期間は高い金利で資産運用できるため、maneoで投資をする人は多いです。

maneoは貸し倒れ0件ですし、遅延率も約0.06%ですので、数字を見ると銀行の定期預金とほとんどリスクは変わりません。銀行の定期預金が超ローリスクローリターンであれば、maneoを始めとしたソーシャルレンディングはローリスクミドルリターンだと言われています。

maneoなら定期預金の約200倍で資産運用できますので、試しに5万円くらいで資産運用する人も多いです。

株やFXほどリスクはなく、コンスタントに資産運用できますので、興味がある人は余剰資金で試しに投資してみるのも良いでしょう。

 

 

maneoの上場を期待する声は大きい

maneoは国内ソーシャルレンディング市場の50%以上をシェアしています。他にもソーシャルレンディングの運営会社はありますが、会社の規模はmaneoがダントツで高いです。

ソーシャルレンディングの運営会社で上場するならまずmaneoだというのは堅いでしょう。maneoはその高い実績から株を買いたい人も多いほど人気のあるソーシャルレンディングです。

それだけ信頼性もありますし、maneoほど信用されているソーシャルレンディングはないと言っても間違いではありません。

 

606 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/03/09(木) 23:33:46.43 ID:4e5bPUlP0
maneo強すぎる
早く上場してくれ
他の潰れそうな雑魚業者には投資する気が起きん

618 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/03/10(金) 07:02:51.14 ID:0yOlBxFx0
maneoは上場準備してるから顧客には利益出さない

699 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/03/10(金) 17:29:33.26 ID:ik14ZTBY0
maneoは純利が7億くらい出そうだな。
去年が2億だから物凄い伸び。
上場したら株買いたいわ。

701 :名無しさん@お金いっぱい。:2017/03/10(金) 17:35:09.50 ID:wd5sdzZ+0
>>699
maneoの株の方が欲しいよなあ
まだまだ成長していきそう
上場したらLCの時価総額は軽く超えてくるだろね
引用元

 

他の運営会社が増えてきてmaneoに求めるものが多くなってきている

maneoは2008年に設立された日本初のソーシャルレンディングです。その頃からmanaeoが中心となって日本のソーシャルレンディング市場は栄えていきました。

すると2013年を皮切りにmaneoの他にも十数会社のソーシャルレンディングが設立されていきます。当然maneoと差別化した運営が出てきますので、maneoより「リスクはあるものの高い利回り」を実現しているソーシャルレンディングやmaneoより「金利が低いものの安全性を重視」したソーシャルレンディングがあるのは事実です。

その流れから既存の投資家がmaneoを基準に他のソーシャルレンディングを見るため、maneoにないものを持っている運営会社を見て、maneoに対する不満が出ます。

しかし投資家から多くの不満が出るということは、裏を返せばそれだけmaneoに期待している投資家が多いということです。maneoが日本初のソーシャルレンディングであると同時に、ソーシャルレンディングの基礎と言っても過言ではありません。

他のソーシャルレンディングと比べると、角が取れた良いバランスを保っている運営会社ですので、初めてソーシャルレンディングをする方にはおすすめです。

 

maneoは今後も日本で最大のソーシャルレンディングであることに変わりはない

今回はmaneoの口コミや評判を元にmaneoについて紹介しました。maneoは口コミや評判からも分かるように、実績を持ちながらも多くの投資家に期待されているソーシャルレンディングなことが分かります。

maneoは2017年現在、成立ローン総額が770億円を超えており、ソーシャルレンディング業界でもダントツの1位です。業界第2位のSBIソーシャルレンディングが309億円、業界第3位のクラウドバンクが157億円という結果から見ても、maneoがダントツで実績のあるソーシャルレンディングであることは分かります。

maneoは常に募集ファンド数も第1位であり、20件近く募集している時期も多いです。maneoは募集ファンドが多い分、成長率も高く、右肩上りに実績を伸ばしています。

2008年からの長い歴史と実績で選ぶのであればmaneoしかありません。この安定性で利回り5~8%はコストパフォーマンスが高い投資だと言えます。

ソーシャルレンディングの基礎とも言えるmaneoなら、角の取れたバランスの良い資産運用が可能です。

maneoはそろそろ運営10周年を迎えます。10周年ともなると大規模なキャンペーンが予想されますので、早めに口座開設をしておきましょう。口座開設には2~3日はどうしてもかかってしまいますので、キャンペーンが始まってから口座開設を始めていては遅い可能性が高いです。maneoは口座開設費や口座維持手数料が0円ですので、口座を作っておく分にはお金はかかりません。

簡単に口座開設できますので、maneoに興味がある方はとりあえず口座開設だけ済ませておくことをおすすめします。

 

-maneo

Copyright© クラウドポートフォリオ , 2017 AllRights Reserved.